• HOME
  • エネルギーコーチングとは
  • 施術の流れ
  • お客様の声
  • ブログ
  • プロフィール
  • コンタクト

公式blog

奮闘記:のどの痛みと咳の課題は第5チャクラの【選択の力】のサインと+αに気付いた

2020年2月29日

2020/2/27

【目的=症状の軽減、回復】

約10日~2週間ほど前から、ひどい時には鋭く刺すような喉の痛みと夜も眠れない程の咳が止まらなかった。

日が経つにつれて、喉の痛みはなくなってきて感じないようにはなっていたが、咳だけが継続していてそれを沈めて回復を望んでいた。

 

【課題(その症状の原因)となる成果】

第5チャクラ-該当する意志の力のキーワード=<選択の力>

 

数値化したこの時の<*エネルギーレベル>では、

セッション前 94/100

*エネルギーレベルとは、その本人がFULLで力を発揮した時に100%と(仮定)すると、現時点で何%の力を発揮できる状態かを数値化したもの。

 

【今回の症状についての取り組み方(やり方)手順】

1,ネガティブであれ、ポジティブであれ、まずは正直な自分自身を認める、自分にウソをつかないということ。

<本当は「~したい、~したかった、~しようとした」>又は、

<「~になりたくない」「~になったらどうしよう…」という恐れを認識する>

 

2,健全でポジティブなことを選択することを(決断することを)自分自身に許す。

<本当は「~したい、(周りがどうであれ)私は~を選択する」とありのままを認める>

 

************************************************

私の例でいうと、、、

前回の気管支炎からは回復し、(感覚としては潜在的なものが)今度は喉に表面化してきたように感じた。

このセッションの直前(のエネルギーレベルは92/100)回復するために大切な現状把握の気付きを得られた。

それは、

喉が乾燥するということは、どんな恐れを持っているだろうか?と自問自答していた。今の私が恐れを持っているとしたらきっとこれだなと思った。

「あなたはいらない、NOです」と断られることが怖かったのだ。

「だから、その結果をコントロールしたい」という恐れを持っていたと認めた。

頭では、「結果をコントロールすることはできない」ということを解っていても、本心(の正直な気持ちとして)は「結果をコントロールしたい」と心と頭が分離していたことを認知できたのだった。心と頭が分離していれば、決断などはできないようになっているのを思い出した。

現状や望まないことを変えるためには、本心の恐怖を認知して認めるのは勇気がいることで怖いものだが、それだけでも全然違うものでもある。これらのことをシェアした上でこの日の課題が下記のセッション。

 

************************************************

 

コーチ(師):「今回は第5チャクラで該当するキーワードは<選択の力>のキーワードに反応があります。<選択の力>は二者択一または三者択一の候補がある状態を指しますがいかがですか?

私(本人):「というか、何を選択するかは決まっている」

コーチ(師):「決まっているけど、このキーワードが出ているということは、それに手を伸ばせばいいのは解ってはいるけど、最後の許可ができていない感じなのかな?」

私(本人):「あー、そんな感じに近いかな…、(本当にそれでいいのか?という感じかな…)

コーチ(師):「じゃ、後は許可を出せばいい感じね?(笑)相手や周りがどうであれ、どうしたい?どうする? それが<意志の力>だったでしょ?」

私(本人):「うん、選ぼうとしている、選ぶと決めている(?)ことを迷いなく、私はそれを選ぶ。」

コーチ(師):「OK!あと、さっきの恐怖のことだけど例え、それがダメだったとしても、本来は無尽蔵に創造できるんだよ?そして大きな成果を出してるように見える人でも一番失敗していたりするものだけどね…、何度も話したことあると思うけど?」

私(本人):「うん、何度も聞いているし、わかっている…」

コーチ(師):「だから、もう少しそのことに幅というか奥行きを持たせてみたら? それしかダメ、これを外したら…、とか思うとそりゃプレッシャーになるけどね(笑)」

私(本人):「あー…、そうね、ライフワークの方はその感覚でいてるけど、今、選択しようとしていることはその感覚が抜けていたなー…。相手がどうかは関係なく、私としては選択することに許可を出して、その選択に奥行きをもたせてみるよ!」

コーチ(師):「その方が“らしさ”がでるよね!OK!次回、また聞かせて!」      「それから日常的な毒素も反応があるよ?」

私(本人):「また?!」

コーチ(師):「さっき、乾燥しないように糖分の低い飴を口にしていると言っていたけど、それを思い浮かべて?」

私(本人):「2つあるけど、まずこれ(と、思い浮かべた)」

コーチ(師):「これはダメ、もう一つは?もう一つもダメ、両方ともダメ、マイナスです」

私(本人):「ガッカリ!」

コーチ(師):「糖分の低い飴をなめるなら、私が自分でも使っていて、クライアントさんにもおススメしているのはこの浅田飴のせきどめクールオレンジ。これおいしいよ?!ひとつあげるよ!」

 

************************************************

 

第5チャクラの関わりはコレで終了。

その他、日常的な毒素も特定できたのでこれでOK!

 

その後はいつものように

自律神経の調整、内臓では肺と胸腺をチェックしたが気管支だけ機能低下の向上調整と骨格構造面をニュートラルな状態に調整で終了です。

 

【次回までの課題】

アメの使用を中止し、おススメのせきどめに変更する。

そして、

相手や周りがどうであれ自分はどうしたいのかを決めることが【意志の力】のテーマになることを念頭に置いて、心と頭の思考を一致させるべく、もう少し奥行きを持たせてコントロールを手放すと決め(結果はなるようにしかならないので)後は委ねるだけ。

これだけで、かなり咳とタンが静まった。

 

次回に続く。

 

コンタクト(お問い合せ)はこちら

コンタクト

ページの先頭へ