• HOME
  • エネルギーコーチングとは
  • 施術の流れ
  • お客様の声
  • ブログ
  • プロフィール
  • コンタクト

公式blog

奮闘記:停滞している仕事が進むように強い眠気の課題であった亡き父との和解

2020年1月3日

2019/12/26

先月28日から定期的なこのセッションの時までに常時眠気があり、時に強い眠気を感じていたと同時に仕事のことにおいて全くうまく運んでいなかったことで失意のどん底いるように感じていたこと、自分自身だけの力では「成す術なし」のように感じていたこと、なので第4チャクラの「絶望感」と「悲しみ」を感じていたことをセッション当日、師(コーチ)にシェアしてみると、

コーチ(師):「確かにそのように感じていたようですね?!でも、現時点での課題はその眠気の第6チャクラ外部の要因です。」と。

************************

亡くなった父(という存在が象徴していること=社会性や権威)と幼なかった時からの父との関係性にわだかまりのある問題が残っていることに気づいていて、その関係性の問題がいつのまにか「社会から必要とされない」という信念が出来上がっていたこと、その関係性を癒し、変えることが出来ればいいのに…と、そして変えなければ何も動かないことは認識していたところだった。

************************

【問題提起】
私が今より向上するために、一番エネルギーの低いチャクラはどこか?(又は、私の力(=エネルギー)を下げている要因は何か?)でした

 

【成果】=気付きで眠気の解除

その眠気は、第6チャクラ 外部の要因として、亡くなっている男性からのメッセージ。

その亡くなった男性は私の父からメッセージを受け取るということでした。

 

この時点で数値化した本部の<エネルギーレベル>では、

セッション前 96/100

セッション後 99/100

 

父が今、このタイミングで私に何か伝えるとしたら、そのメッセージは何か?       と、思い浮かべてみると
…。

…。(じわっと涙目になった…)

本人:父(の言葉として)「生前、あんたが幼かった頃から自分のことだけで解かろうとともしなかったこと、力にならなかったこと、ごめんな…。」かな?

コーチ(師):ここまでで、80%(のメッセージを)受け取りました。他には?

本人:父(の言葉として)「これからは惜しみなく力になるよう協力します。だから必要とすること、協力関係を築ける縁ある相手は必ず見つかる。」

コーチ(師):うん、これでお父さんからのメッセージを100%受け取りました。OKです。

本人:私にとっては前半の謝罪部分が大きかったな…、やっと父と和解できた気がする。

 

これで、終了です。その後はいつものように

自律神経と内臓(の機能低下の向上調整)ニュートラルな状態に調整してもらい終了です。

 

【次回までの課題】

・(互いにメリットのある協力関係を築けて)足元を固める仕事を決める。

・(父を含めた)パートナーとの関係性を深めること、信頼すること。かな?

 

次回に続く

 

 

コンタクト(お問い合せ)はこちら

コンタクト

ページの先頭へ